∮ジャン=マルク・ルイサダ公開講座

今期はメイ氏、スカレーラ氏、ルイサダ氏、沢山母校の素晴らしい公開講座を受講することができています♪

かなり豪華な講座で嬉しいです。

写真 (3)

ルイサダ氏の演奏は、大学の門下の先生が学生の時に、とても素敵なショパンを演奏する方なので是非と、コンサートのチケットをとってくださり演奏会に行ったことがありました。

 

それからCDを購入して良く聴いていたので、今回とても楽しみにしていました(^・^)

 

講座前は少し早く学校に着いて時間を持て余してしたので、オーディオ室でルイサダ先生のDVD演奏を観てからの公開講座。

当日のレッスンの曲もあって、思わず予習ができてラッキーでした♪

 

今回のレッスン曲目は全てショパンから、ノクターンにエチュード、バラードの4番。

 

バラードの4番は、ルイサダ先生も極めて美しい特別な曲と仰っていました。

私も大学の試験で演奏した曲で、先生にこの曲をいただいた時、とてつもなく嬉しかったことを覚えています。(久しぶりに弾いたら、思うように弾けなくてショックです(+o+))

 

いつも思う事。

ショパンのCDを選ぶときCDコーナーに行くと、ショパンのCDが多すぎてどの演奏を聴いたらよいか本当に迷うのです。

ショパンが好きな演奏家も多く、ショパンを演奏するピアニストも多く、そして、聴く人も多い作曲家。 演奏する方の感じ方によって、同じ曲でも様々な演奏になっているからです。

私の先生はいつも<ショパンを音楽的に技術的に上手に演奏することは本当に難しい作曲家の一人>と仰っていました。

ルイサダ先生のショパンは、今回改めて大好きになりました。

講座でも、技術的なこと、音楽的なこと以外に、どの曲に対しても知らなかった沢山のことを教えてくれました。

その中でも一番気になったことは、ノクターンの時に教えてくださったショパンと歌曲やオペラを沢山残したかベッリーニとの関係について、もっと知りたいと思いました。

 

ルイサダ先生のショパン、みなさまもCDなどで是非聞いてみてください♪

 

 

 


Post Comment